オシャレは生きていく上での処世術だと気づきました!

ペンネーム:よっこい
年齢:40代
性別:女性
職業:兼業主婦
出身地:群馬県

特別なお出掛けとは無縁の日々…
地元ではジーンズとTシャツで過ごしていた私

私は学生時代まで地元の群馬県で過ごしていました。

今考えれば、周りにも然程おしゃれな人がいたわけではありませんが、どの人もなんとなく自分よりもキラキラとしているように思えて、なかなか話をするきっかけが掴めませんでした。

そんな私はいつでもジーンズとTシャツやポロシャツでした。

足元はスニーカーです。

唯一の拘りは、スニーカーと荷物を入れるバッグのスポーツブランドや色を統一させるくらい。

特別なお出掛けとは無縁な日々だったので、それで間に合っていたのでした。

たった一度の晴れの日用に準備した洋服はリクルートスーツで、就活と卒業式はそれで無難に過ごしました。

就職で都内へ行きおしゃれな人の多さに驚いた!
歓送迎会のタイミングで社会人風お姉さんに変身

就職で都内に行った時に、「なんで普段からこの人たちはおしゃれをしているんだろう」と驚きました。

近所のコンビニにいる人もおしゃれに見えます。

これじゃいけないんだと早々に気が付きました。

そして、勤務先の歓送迎会があるタイミングで「ジーンズはまずいだろう」と社会人風キレイお姉さんをテーマに洋服を買いました。

ただ、まだお給料をもらっていないタイミングだったので、本当に安いモノ限定で物色。

上下を別々で揃えるのはセンスに自信がなかったので、ワンピースをチョイス。

靴まで買う予算がなかったので、リクルートスーツ用に持っていた黒いパンプスに合うワンピースです。

このワンピースを試着して、足元でスカートの裾がさらさらと心地良く脚に触れるのを感じて、「なんだか女子だわ~」とメチャクチャうれしくなりました。

ワンピース姿を先輩方に褒められてからワンピース派に転身。オシャレ初心者でも着こなし簡単!

そのワンピースデビューで思いの外、先輩方に褒められて気を良くした私は、それ以降はワンピース派に転身しました。

少しハイウエストのものを選ぶとスタイルがもっと良く見えることやスカートの丈次第でものすごく雰囲気が変わるということも学びました。

ワンピースはコーディネートがシンプルになるのでオシャレ初心者である私にも難しくなく、その点での相性も抜群!

また、ワンピースでもカーデを合わせたりインナーの色を工夫して合わせるとすごく雰囲気が変わるということにも気が付いたのです。

そうなると工夫することがどんどんと楽しくなって、ファッションに対する興味がグッと深まりました。

他の人はどんなふうにおしゃれをしているのかなとか。

そこで気が付いたのは、みんなたくさんの洋服を無尽に持っているのではなく、上手に着回しをしているということ。

同じようなサラリーを貰う人達のファッションを観察することで色々と勉強になりました。

ワンピースに合うメイクや髪形を意識するようになったことも、私の見栄えにものすごくプラスになったと思います。

女性のオシャレには意味がある!ワンピースは老若なんよ問わず好感度の高いファッション

ワンピースは奇抜すぎるデザインでなければ、間違いなく男性に対しても目上の人達にも、そして女性にも好感を与えられるアイテムだと思いました。

座敷で座るスタイルの場でも足元をふんわりと隠せるタイプを選べば、見苦しくなることもありません。

正座をしている時でも足を崩しても大丈夫でした。

保守的にも見える点が女性ウケするのでしょう。

人間は見た目で判断されるんだなとつくづく思いました。

ジーンズ一辺倒だった私は大勢が集まる飲み会などではまるで何かのオブジェのようでした。

でもワンピースを着て、ニコニコしているとそれだけで誰かが話しかけてくれるのです。

それがものすごく嬉しくて、女性がオシャレをすることにはいろんな意味があるのだと実感しました。

オフィスではブラックやネイビーの落ち着いた雰囲気のあるワンピースを選ぶと知的な感じも出て評判が高かったです。

ミジョリク

シックで知的、オフィスで品格UP!ウエストリボンワンピース 14,040円

オシャレは自分のためにするものであり、生きていく上での処世術

オシャレをして自分のことに時間を割くようになると、確実に毎日の生活に張り合いが持てるようになりました。

朝の洋服選びからして、「これとこれでいいや」という投げやりなものだったのに、「今日は晴れているからこの色のワンピにしようかな」とウキウキなスタートになるのです。

こんなふうに朝を過ごせるなんて、私は社会人になってオシャレに目覚めるまで未経験でした。

なんだか損した気分です。

それまではオシャレに勤しむ女性は自意識過剰で男性に媚を売るためだけに頑張っている人という認識が頭のどこかにあった気がします。

でも、あくまでもオシャレは自分のためにするんだと解りました。

そのことによって気分が上向きになるから、他人との係わりもスムーズに行くようになるのだと。

オシャレって、生きていく上では不可欠な処世術でもあるのだと思います。

人生を楽しくするには恥ずかしがらずにオシャレをしてみよう!

私がワンピースを試着して感じた嬉しくも恥ずかしい思いを乗り越えてください。

実際に私もなんとなく気恥ずかしくてオシャレに無関心を装っていたのです。

でもそれを乗り越えた向こう側には、ウキウキワクワクがたくさん待っています。

素敵なファッションに身を包んだ自分の姿を見るって意外に良いものですよ。

テンションが上がって、本当に性格まで変わるんです。

親には「社会人になったら人間が丸くなった」と言われますが、オシャレの効能でニコニコしている時間が増えたのが理由だと思っています。

同窓会でもすっごく褒められました。

人生をもっと楽しいものに変えたいなら、ファッションに工夫を凝らすのが一番手っ取り早く確実です。