キレイめファッションに挑戦したら人生に革命が起きました!

ペンネーム:ささき
年齢:31歳
性別:女性
職業:販売業
出身地:兵庫県

友達から「可愛くない」と言われた過去…
それからは目立たないように過ごしてきた私

子供のころに友達から「可愛くない」「美人じゃない」と言われてから、おしゃれをすることに対して罪悪感のようなものがあり、若い頃はずっと地味で目立たない格好をして生きてきました。

色は大体目立たなくて無難だと思っていた黒で、体型が出ないような服装を好んで、目立たないように…。

そのくせ人の視線には自意識過剰なくらい反応して、自然と猫背になるし…人と目を合わせるのも嫌で、どもってしまって話すのもすごく苦手。

私はずっとこうで、自信が持てないまま過ごしていくんだ。

これは生まれつき、私は美人じゃないから仕方がないことなんだと思っていました。

一度きりの人生!30歳の誕生日をきっかけにキレイ系のファッションを一式購入

遅すぎるって笑われちゃうかもしれないけど、30歳の誕生日に思ったんです。

人生って一回しかないのに、本当にこれでいいの?って。

知らないうちに三十路ですよ。

信じられません。

折り返し地点…とまでは言わないけれど、結構いい年齢です。

高校生の時に買ったパーカーにジーンズを着ていたんじゃ、本当に年齢不詳です。

どうしようもない恐怖と危機感を覚えてひとしきり泣いたあと、年齢に見合ったファッションを…と言ってももともとおしゃれに興味がないのでプチプライスでキレイ系の…よく着る黒に近いネイビーで一式、セレクトして購入してみたのがきっかけです。

美容院も怖くなくなりオシャレが楽しくなってきてまさに大革命!

タイトな服を着ていると自然と背筋が伸びますし、変化というものは自分に自信を与えるものなんだなあって思います。

私は今キレイな服を着てキレイなお姉さんになってるんだ、という自信がワクワクに変わって、ヘアスタイルを整えるために美容院に行くのも怖くなくなって(地味女子的には美容院ってめちゃくちゃ怖いですよね?)、メイクだってとっても楽しんで出来るようになりました。

おしゃれって楽しいんだ!と、遅咲きながら感じ、自分を変えていくことへの恐怖心はすっかり薄れていきました。

それからは、雑誌を参考に色んなコーディネイトを楽しんだり、服装に合わせてメイクを変えてみたり…少し前までおしゃれをするのがあんなに面倒くさかったというのに、私にとっては大革命でした。

タイトめなワンピースは背筋も伸びて女性らしさと大人感を与えてくれるのでおすすめです。

ミジョリク

シンプルなのに大人感が漂う、女性らしさ満載なワンピース 3,777円

変わったことで男性が優しくなって、陰口を言われたとしても気にならなくなった

一番怖かったのは周りの反応です。

変わったことをすると叩かれるんじゃないか、陰口を言われるんじゃないか…私なんかが…と思っていたのですが、こちらも全く心配する必要はありませんでした。

もしかしたら誰かに陰でなにか言われているのかも知れないけれど、そんなことは気にならないくらい、まわりの男の人が優しくなったんです。

パリッとしたキレイなブラウスを着て背筋を伸ばしているだけで重い荷物を運んでくれたり、今まで働いてきてそんなことは一度もなかったのに、お客さまから連絡先を尋ねられたり。

最初のうちは信じられなくて、あんまり嬉しくて少し泣いてしまったりもしたのですが…青春が戻ってきたみたいで、とっても嬉しいです。

モテることに顔は関係ない!
会ってくれる人に対しておしゃれをするという気持ちが大切

モテることなんて興味がない…と思っていたけれど、男性に優しく扱ってもらうことは、実際……やっぱりとっても嬉しいです。

大人っぽくて清潔感のあるキレイな服装をしてさえいれば、雰囲気美人は簡単に作れます。

モテることに顔の美醜なんて、たぶん体型も全然関係なかったんです。

大切なのは、今から会ってくれる人に対しておしゃれをするという気持ち?っていうのかな?女性として優しく扱ってもらえると自然と笑顔になる機会が増えるし、声も柔らかくなるしずっと上機嫌に♪そうするともっと優しくしてもらえます☆

地味で目立たず…なんて思っていた時が嘘みたいに行動的にもなりました。

もう少し早く気付いていれば…と悔しい気持ちにさえなります。

おしゃれをすることで隠したい部分も上手くカバーできるようになる!

人付き合いは容姿じゃなくて心でするものだとは言うけれど、初対面の印象は見た目で判断されますよね?

それに、適当な服を着ていて自分に自信がないとその時の視線がただただ恐怖でしかなくて、こちらは目を合わせることも出来ません。

服を選ぶということは見せたくない部分をうまくカバーできるってことだし、超美人じゃなくたっていいんです。

だって、私たちはモデルでも女優でもないんだから、ひとつふたつくらい自分の体形に気に入らないところがあるのは当たり前です。

というか、気に入らない体型がある私たちこそファッションに気をつかわないといけないわけで…。

私のように遅咲きにならないよう、遅咲きの方はどうか一緒に…少しだけ頑張ってみませんか?

新しい世界が見えるかもしれません!