キレイめファッションで参加した婚活パーティーでは見事に大成功!

ペンネーム:澪
年齢:29歳
性別:女性
職業:主婦
出身地:神奈川県

普段は地味でTシャツやジーパンなどのカジュアルスタイルな私

普段は地味な感じが多く、髪の毛はポニーテールが基本、服はジーパンが基本で、夏とかは地味に長めのTシャツや、地味めなロングスカートにブラウスを合わせたりします。

涼しい春や秋はカーディガンを羽織って、それでも寒かったら、腹巻をしたりします。

ゆったりなワンピースを着ることもあります。

冬場はヒートテックにニットを着て、ジーパンを履くことが多く、ズボンにブーツインしたりするカジュアルなラインが多いです。

ドレスなどはあまり着ないので、結婚式のお呼ばれ用に一枚持っているだけです。

それも紺色なので、友人からは暗すぎると言われたこともあります。

おしゃれなリゾート風のガーデンパーティーに友人と参加することに

その二次会は青山のとある有名式場で行われました。

都内にありながらも、塀で囲われた庭には緑がいっぱいで、まるでどこかのリゾート地のようでした。

塀が高いので、周辺の道路も人混みも全く気にならずにのんびりと二次会を楽しむことが出来ますし、都会の喧騒感が全くないので、友人との会話にも花を咲かせることができました。

また、ガーデンパーティーでしたので、アンティーク調の椅子やテーブルが異世界の雰囲気を醸し出してくれて、非日常的な空間を味わうことができました。

出された料理もカラフルで、参加した人たちの服が汚れないようにと、一口大サイズにしてありました。

ゆったりなワンピースにジーパンで参加した私…
ほかの人とカジュアルへの認識がズレていたことを痛感

二次会のハガキをもらった時、青山でやるのであれば、きちんとした格好でなくてはいけない、と思いました。

そこで一緒に参加する友人に相談したのですが、「二次会なんだから、きちんとした格好したら逆に浮いてしまう、カジュアルくらいがいいのよ」と言われました。

最初はいいのかなーなんて思いましたが、友人の言葉に納得して、カジュアルな格好で行こうと思いました。

何より友人も同じくカジュアルだからと安心していました。

当日は、ゆったりなワンピースにジーパンと、せめてと思って履いたヒールのパンプスで向かったところ、到着した瞬間に後悔しました。

みなさん綺麗なドレスやワンピースばかりで、スーツ着てきた方がマシなんじゃないかと本気で思いました。

友人は綺麗めのオールインワンで、彼女とのカジュアルへの認識のギャップに驚きました。

カジュアルすぎて会場のスタッフさんに見学に来た人と思われてしまった

カジュアル過ぎた格好をした私を見て、友人はぎこちなく笑いながらも、胸もとのコサージュを私につけてくれて、「せめてこれくらいは」と慰めてくれました。

二次会が始まっても、他人からの視線が痛くて、自分の勉強不足さが恥ずかしくて、穴があったら入りたい気持ちになりました。

トイレが唯一の安らぎの場で、ちょくちょく行っていたのですが、トイレ帰りに会場へ行こうとした際に、スタッフさんに「今日は式しておりまして、見学は後日でお願い致します。」と言われた時は本当にショックでした。

参加者ではなく、まったくの部外者である格好だったんだと改めて気付き、顔から火が吹くかと思うくらい恥ずかしくて、いたたまれないほどでした。

礼儀としてちゃとした服装で参加することはマナーであると気づいた

あまりにもお洒落にうとかった私は、洋服に対しては、誰も見ていないし、と思ってちゃんと考えたことはありませんでした。

ですが、TPOにあった格好は確実に存在しますし、その場の礼儀としてちゃんとした服装であることがマナーでもあると学びました。

今後は自分の服装をもう一度見直し、ワンピースや綺麗めな格好をする日を作ろうと思います。

友人とのちょっとした遠出や旦那との結婚記念日などには、カジュアルの服装ではなく、カジュアルラインのドレスや綺麗めのツーピースの服を着るように心掛けていこうと決めました。

そして二度とあのような恥ずかしい出来事がないためにも、もっともっとお洋服について勉強していこうと心に決めました。

前回の教訓を踏まえ婚活パーティーにキレイめファッションで参加し大成功

とある婚活パーティーに参加したのですが、ホテルでの立食パーティーで、シャンパンなどが出る、とのことでした。

前回の後悔がまた出ないよう、今回は、薄手のブラウスにカーディガンを羽織って、下はAラインのスカートで挑みました。

その結果、男性陣からは綺麗で清楚な格好だったからと気に入って頂くことができました。

Aラインのスカートは優雅さを演出できますし、フレアがあるとよりキレイに見せてくれるので、男性陣にも好評だったのだと思います。

ミジョリク

Aラインデザインで美脚と美尻を演出!体型カバーマキシ スカート 4,079円

カジュアルな格好=手を抜いて良いということではない!

結婚式二次会はカジュアルな服装での参加が許されると言われることがあると思います。

ですが、それは決して手を抜いていい、ということではありません。

二次会であっても、綺麗めなワンピースやドレスを着ていくことで、自分が人からの見られ方が変わります。

何より、自分に自信をもたらし、その場にいていいんだという確信を与えてくれます。

ドレスや綺麗めなワンピースを着ることで、普段味わえないような非日常的な空間をさらに楽しむことができますので、ぜひとも、面倒だとか、よく分からないからだとかで、ドレスやワンピースを着ないのはやめましょう!

素敵な服装は自分を素敵にしてくれます。