いつもと違う形や素材のワンピースでおしゃれの幅が広がりました!

ペンネーム:seed228
年齢:50歳
性別:女性
職業:貿易
出身地:東京都(中国)

典型的な日本人スタイルで腕と下半身が太く筋肉質な体型の私

田舎では山道が多く日々登ったり下ったりしているうちに足腰が鍛えられた上、小学生の頃からバスケットをしてきた結果、もともと太かった下半身と腕が筋肉質となりました。

典型的な日本人スタイルというのでしょうか、腕と下半身が太く筋肉質です。

首も短く、肩は無く、手も短く、おしりが大きい。

下半身も太ももが大きく、ふくらはぎも太いという、何か最悪な体系です。

背が高ければ未だ救いだったのですが、157センチとやや低めです。

最近では、中年太りでおなかの部分だけが太り、顔の肉は減り、お腹とおしりを見なければ、スマートな感じがします。

ワンピースやドレスは好き…でもなかなかうまく着こなすことができなかった

ワンピースやドレスはとても好きなので、友人の披露宴や、祝い事、様々な集まりには着用してきましたし、これからもそうであると思います。

ただ、上半身が体にフィットしたタイプのワンピースやドレスの場合、太い腕の筋肉のせいで窮屈になり、露出するタイプでも太い腕の筋肉が目障りでした。

そして、姿勢が悪いのかおしりが出ている感じなので、アヒルがあるいているかのようになることを悩んできました。

姿勢を正した歩き方を練習して、高いヒールの靴を選び、足が長く細く見えるよう努力もしました。

スカート丈も、太ももを隠すぐらいで、ふくらはぎが細く見えるような長さに調整しました。

既製服や制服だと自分の欠点ばかりに目がいき、神様を恨んだことも…

既製服を購入してそのまま着用できる友人たちが羨ましく、自分の体系の欠点ばかりを嘆いていました。

姉を見て、妹を見て、母を見て、何故私だけこんな体系になってしまったのか、神様を恨んだこともあります。

入社して間もなく、女性の先輩から貴方のおしりは可愛いわねと言われながら、おしりをポンと叩かれました。

私は心の中でえー?と激しく疑いの目を向けましたが、その女性の先輩のおしりがぺったんこだったことに気が付きました。

人は自分に無い物を欲しがる、羨ましがるのかなと感じました。

職場ではベストとスカートの制服だったので、体系の違いは一目瞭然。

腕と足を細く、筋肉を取る方法を真剣に考えました。

今、50歳になってしみじみ思うのは、あんなに酷い私のような体系でも、同じような体系の人は大勢いたという現実です。

そして、若いからこその体系でもあったのだと実感します。

いつもと違うワンピースやドレスに冒険してみると思ったより違和感がなかった

私が気にしていた体系の難点は、短い首、無い肩、太い筋肉質の腕、太い筋肉質の太もも、大きく出ているおしり、太いふくらはぎです。

先ずは、持っているワンピースやドレスを着用して、鏡の前で正しい姿勢できれいな歩き方、正しい座り方を試しました。

母や、姉や、妹のワンピースやドレスでも、同じように試しました。

悪い癖で、自分でこれなら大丈夫だと思い込んできたタイプのワンピースやドレスしか購入したことがなく、冒険したことがなかったのです。

他の人のワンピースやドレスを着用してみると、意外なことに、思っていたよりも着用した感じに違和感がなく、歩いてみても、座ってみてもしっくりきました。

いつものように、高めの靴を履き友人との食事に出かけましたが、いつもと雰囲気の違う私に驚いていたようでした。

この友人との食事には、コンプレックスのある部分はレース使いでエレガントに隠し、落ち着いた色味で細見えを狙ったワンピースを着ていったのを覚えています。

ミジョリク

総レースでセクシー際立つ エレガントワンピース 大きいサイズ 3,163円

色や素材、形を選択すれば、嫌な部分も上手く隠せることに気づいた!

母や、姉や、妹のワンピースやドレスを試した後、深く反省しました。

そして、ファッションに対しての勝手な思い込みだけではなくて、きちんと勉強してみようとファッション雑誌を購入、デパートに出かけて色々と試着してみました。

首元をすっきり見せるコツ、無い肩を自然にあるように見せる小物、隠すのではなくてさりげなく出す太く筋肉質な腕、ウエストの位置を高めにとっているだけで、大きなおしりも、大きな太ももも、太いふくらはぎも、上手く誤魔化せることができることを知りました。

そして、色と柄と素材です。

太い筋肉質な腕や太ももやふくらはぎなど嫌な部分を隠すことではなく、どのように見せるかでワンピースやドレスの選択の幅が大きく広がりました。

色や柄、素材によって様々な効果がある!自分の体形にも自信を持とう!

筋肉質だけでなく、自分の体系に悩んでいる人は大勢います。

若い時にはどうしてもその悩みは自分だけだと思い込んでしまう傾向がある。スポーツ選手を見てください。

テレビでは気づかないけど、実物は皆凄い筋肉を持っています。

それでも、大会前後の様々なレセプションでは皆、ワンピースやドレスを着用して、とても美しく着飾っています。

決めつけることなく、色々なタイプのワンピースやドレスを試すことをお勧めします。

色、柄、飾り、素材によって、様々な効果があります。

そして、知れば知るほどワンピースやドレスを好きになります。

もっともっと洗練された美しさを持てるよう、自分の体系にも自信を持ちましょう。