実は万能!カジュアルシーンでパーティードレスを着こなすポイントは?

最近思うのが、

ワンピースって最強」という事。

 

今年の夏は猛烈に暑い日が続き、

とにかく汗をかいて仕方がない状態でした。

 

ボトムスも、

ウェスト部分に汗がたまり気持ちが悪い。

 

トップスをウェストインすると猶更…

という事が多く、辟易していました。

 

そんな時、なんとなしに買ったワンピース。

これがとにかく快適!

 

トップス&ボトムスコーデと異なり、

腰回りも涼しくスッキリ。

 

忙しい朝でもスポッと着られる。

 

一枚で、なんとなく格好よく決まる。

 

とにかく良い事づくしでした。

 

そんなワンピースの万能感を実感した私は、

これからカジュアルシーンでも

たくさんワンピースやパーティードレスを

着こなしたいと考えるようになりました。

 

今回は、カジュアルシーンでの

パーティードレスの着こなしポイント

ご紹介します。

颯爽とした装いが魅力!一枚で素敵に着こなしたい場合

一枚で着られる

カジュアルなパーティードレス。

 

とにかく、その魅力は

一枚で素敵」というところではないでしょうか。

 

私は、夏から秋、冬から春にかけての端境期に、

少しずつアイテムを足していく

コーディネートが苦手です。

 

色や質感、素材感のバランスを

決めていくのがとにかく難しい…!

 

店頭のマネキンや店員さんは、

全アイテム取り換え可能なので

格好よく決まりますが、

経済的に上限のある一般市民は

そうはいかないもの。

 

そんな時に一枚で決まるパーティードレス

とにかく使わない手はありません。

 

そして、一枚で着こなす際、

私の場合は「柄・デザインが素敵

シルエットが素敵

いずれかを満たしている事を

大事にしています。

 

パーティードレスは、

トップスからボトムスまで

一気通貫で着こなしを完結させるが故に、

通常のコーディネートより

柄・デザインを華やかに着こなせます。

 

ただ、その分、パーティードレスだと

着られている感」が

出てしまうものもあるのも事実。

 

柄やデザインが自分の個性とマッチするかは、

しっかりチェックが必要です。

 

私の場合は控え目な顔立ちの為、

あまり大きな柄よりも細かい柄の方が

マッチしているような気がします。

 

また、ウェストシェイプやAライン、

Iラインなどのシルエットも、

自分で組み合わせを考えなければならない

トップス&ボトムスコーデより

簡単に叶えられるのも、

パーティードレスの魅力。

 

自分の雰囲気や体形にピッタリの一枚に出会えると、

どこに行っても褒められる事間違いなしです。

 

鮮やかなボタニカルプリントは、

印象的な柄でパーティードレスを

一枚で着こなしたい方にピッタリな一枚です。

鮮やかな個性的ボタニカルプリントのフリルつきフレアワンピース

端境期…何を着たらいいの?の悩みも解決。着回しをしたい場合

一枚で着られるのが醍醐味、

といえるパーティードレスですが、

羽織ものがあれば悩みがちな端境期コーデも

乗り越えられるのが嬉しいところです。

 

無地や控え目なデザインの

パーティードレスであれば、

仕事用のジャケット、デニムジャケット、

トレンチコート、

ベーシックなカーディガンなどと合わせて

着まわせるメリットがあります。

 

その場合、パーティードレスは

首元や袖周りにデザインが少ないものがおススメ。

 

袖にデザインがあるものは

とにかく羽織ものを選びます。

 

無理やり羽織っても、

肩あたりで布がもたついて

もっさりと見えてしまう…なんて事も。

 

私も、ドルマンスリーブの服を買った後に、

「あれ!手持ちのジャケット、

腕周り結構細身だった…」

と後悔することが多くありました。

 

また、意外と抜けがちなのが

上着の丈感と

パーティードレスの着丈のバランス。

 

長めカーディガン+膝下パーティードレスで

組み合わせて着てみた時、

重たくてやぼったい雰囲気

なってしまった事がありました。

 

羽織ものや上着と合わせる場合、

靴も含めた全体のボリューム感が

重くなりすぎないよう、

バランスを見ることが必要です。

 

シンプルでありつつも

配色ラインがオシャレなパーティードレスは、

色んなシーンで着られる一枚。

 

ジャケットやカーディガン、

トレンチコートを羽織れば、

長く着まわす事ができます。

デイリーに使えるきれいめカジュアルなバイカラーラインがアクセントのタイトニットワンピース

トレンド感たっぷりに着こなしたい場合

パーティードレスは、

トレンドの要素を取り入れれば

一気に「今っぽい」装いをすることができます。

 

チェック柄。

ブラウンやベージュのカラー。

袖コンシャスやビックシルエットのトップス。

 

気になるトレンドがある場合や、

「今年のトレンドどう取り入れよう?」

と悩んでいる場合。

 

「トップスもボトムスも

気になるデザインや柄があるけど…

両方新調するのは厳しい…

 

「トレンドアイテムを手持ちアイテムに足すと

ちょっとちぐはぐになりそう…

 

そんな場合。

 

一枚で完結するパーティードレスであれば、

トレンドをバランスよく着こなすことができますし、

一気にトレンド感たっぷりの装いが完成します。

 

トレンド感たっぷりのパーティードレスを

サラッと着こなす姿は、

潔くオシャレをしている印象があって素敵です。

 

さらに、トップスとボトムスを選んだり

相性を考えたりする手間を省ける分、

アクセサリーやバッグ、靴、ヘアスタイルなどの

小物やヘアメイクにかける事ができるのも、

パーティードレスを

カジュアルに着こなす上での

大きなメリットといえるでしょう。

実は万能!カジュアルシーンでパーティードレスを着こなすポイントは? まとめ

とにかくコーディネート的にも

機能的にも便利なパーティードレス。

 

カジュアルシーンでは、

まずどう着こなしたいか?を踏まえると

満足のいく装いができると思います。

 

  1. 一枚で着こなしたい
  2. 着回しをしたい
  3. トレンド感たっぷりに着こなしたい

 

忙しい準備の時間も時短になる、

一枚で決まる、褒められる事が多い。

 

メリットだらけの

カジュアルシーンでの

パーティードレスの着こなし、

私もこれからたくさん

勉強していこうと思います。