パーティードレスの人気色でも、結婚式に不向きな色とは?

おめでたい結婚式に招かれるということは、

とても光栄なことなので

喜んで出席を望まれてください。

 

華やかな席ですが、

出席者の中には厳しい目で

チェックされている人が多くおられます。

 

わきまえを知らない人と

笑われないように配慮が必要です。

 

招かれた以上きちんとした装いをしなければ、

将来にわたり

恥を負わなければならないこともあります。

 

今回はそんな悲惨な自体を避けるために、

パーティードレスでは人気色でも、

結婚式に不向きな色をご紹介していきます。

 

是非参考にして、

素敵な結婚式を楽しんでください。

意外にうっかりと結婚式で選んでしまう色とは

花嫁衣裳と被る色は避けることが必要

花嫁衣裳と被ってしまう色といえば、

ですね。

 

結婚式のマナーと言えば、

結婚式のお呼ばれには、

パーティードレスの白色は

常識的に避けるべきことは

知っている方も多いのではないでしょうか。

 

花嫁さんは、白無垢にしても

ウエディングドレスにしても、

白を選ばれるので、

招かれる方は白色のドレス以外ものを

選ぶべきなのです。

 

<注意1>

ここで、うっかりしてしまいがちなのが

ドレス以外の色

 

カラードレスを選ばれているのですが、

上着に着るボレロをなぜか、

花嫁衣裳と被ってしまう白を選んでしまう方は

意外と多いもの。

 

ボレロであっても、

白を選ぶのは避けるべきです。

 

ボレロといえば、

ファーがついているものがありますね。

 

思わず可愛いので

選びたくなってしまうことも

あるかもしれません。

 

しかし、食事をされる席では、

毛が飛び散ることもあります。

 

アレルギーの方もおられると

健康によくありませんよね。

 

衛生上、ファーは不適切なので

避けるべきです。

 

<注意2>

ある人が、

結婚式に着ていくカラードレスを見つけ、

自分で選ぶよりも誰かに見てもらった方が

安全だと思い、

鏡を見ながら着ていくものを

人と相談して選びました。

 

そして、お勧めされたものを購入し、

選んでもらったドレスを

結婚式に着用していきました。

 

しかし、写真を撮ってみると、

なんと誰がみても白に近い色と指摘され、

非難の声をあびせられることがあったそうです。

 

試着の場合、電気の加減なのか

色映りがわからないようで、

これが良いと購入したけれど、

家で着てから白色だと気づくことが

あるようです。

 

また、遠くから見ると

白っぽく見えそうなものも

避けるようにしましょう。

 

ちなみに、淡いパステルイエロー、

クリーム色、薄いピンク、

ベージュ系のドレスは

避けておいた方が良さそうです。

 

それらは、一見良さそうに感じるのですが、

白っぽく見えることがあるようなので、

避けた方が良いでしょう。

 

また、派手な赤も避けておきましょう。

 

せっかく購入しても

着ない決断をしなければならない場合もあるので、

購入する際には、

注意してお買い求められることをお勧めします。

 

<注意3>

黒のドレスを着る方がいるから、

わたしも着ても良いという

安易な考えはやめましょう。

 

招かれる方は、友人、知人であれば、

黒を選ぶのは避けましょう。

 

装飾でカバーすれば良いという考えもありますが、

基本的には黒色は

結婚式に着ていくにはふさわしくない色です。

 

ドレスではありませんが、

ストッキングも黒を履くのはNGです。

 

当然、素足で出席するのもNGです。

 

ストッキングは、

ベージュで履くことをお勧めします。

 

しかし、例外で既婚女性だけは

黒留袖を第一級礼装として着用できます。

 

既婚者の特権でもあり、

格式の高い位置付けとなるからです。

パーティードレスで2色使いになっているものは良い?悪い?

華やかなパーティードレスが

ずらり並んでいると、

2色が混ざっているものがあります。

 

変わっていて可愛いので、

これがいいかなと

思わず手に取ってしまいますよね。

 

しかし、着ていくところは結婚式です。

 

2色使いは、

「別れる」という縁起の悪いものとするので、

結婚式にはふさわしくありません。

 

結婚式にふさわしいドレスは

単色となります。

 

シースルーの袖付きで、

上品に魅せてくれるドレスがお勧めです!

ブライズメイドに♪大人ガーリーなピンクのフラワー刺繍モチーフロングドレス

見落としやすい?花嫁と被ってしまう色とは

結婚式には、

白はダメであることは認識していても、

他のカラーであれば大丈夫と思い、

カラードレスを選ばれる方も多いですよね。

 

しかし、実はカラードレスにも、

一歩間違えると恥をかくような失態が

隠れていることがあります。

 

それは、お色直しのドレスの色です。

 

パーティードレスの人気色でも、

お色直しのドレスの色と同じ色を

選ばないようにしなければなりません。

 

当然のメインは、花嫁さんなので、

招かれたゲストの方が

目立ってしまってはいけませんよね。

 

招待を受けたときに、

どんなお色直しをされるのか、

そっと情報をつかむようにすると良いでしょう。

 

ある人は、知らずに

花嫁さんのドレスと色と被ったために、

怒りを買ってしまい、

大変な思いをしたそうです。

 

結婚式のお呼ばれのドレスは、

お色直しに被らない色の

パーティードレスを着ることも

マナーとなります。

 

お色直しの色の情報が入手しづらい方は、

グリーン系ネイビー系が良いでしょう。

 

エレガントな仕上がりを

魅せてくれるドレスがお勧めです。

レースワンピース 大人ミントグリーンのミモレ丈フレア

友人の結婚式に着ていくパーティードレスの人気色は?

独身で、友人の結婚式に着ていく

パーティードレスの人気色は、

ピンク系、紺系(ネイビー)ですね。

 

その他、淡グリーン系

ゴールドオレンジ系なども、

派手ではなく、白っぽさもないので、

人気となっています。

 

また、濃い色のピンク系、ゴールド系、

明るい感じの紺系(ネイビー)、

深みのあるワインレッド系、

濃いグリーン系もお勧めです。

 

新郎新婦からの招待を受けているので、

新郎新婦に恥を欠かせない配慮と

きちんとマナーを守った服装を選ぶことを

お勧めします。