パーティードレスの室内での上着。羽織るべきか否か?

パーティードレス選びよりも悩ましいのが、

アイテムごとの組み合わせ。

 

アクセサリーは?靴は?バッグは?

 

会場の雰囲気やパーティーの形式、季節に応じて

組み合わせを考えなければいけません。

 

特に悩むのが「このパーティードレス、

室内で上着や羽織もの必要かな?」

という事ではないでしょうか?

 

悩む理由の一番としては、

マナーとして適切なのかどうか。

 

特に、結婚式は格式に応じた服装を求められるもの。

 

また、新郎新婦や親族の方々にとって特別な日。

 

その方たちを立てながら、

適切な装いをしなければならないと思い、

ネットでパーティードレスに

何を羽織るべきかを調べても、

所説さまざまだったりします。

 

調べれば調べるほど、頭が痛くなる事も…。

 

また、マナーの部分をクリアしても、

次に待ち受ける壁が、

コーディネートとして

そもそも成立するのかどうかということ。

 

普段の服装でも、アイテムが増えれば増えるほど、

インナーやボトムスとのボリュームバランスや

色の組み合わせで、

コーディネートの難易度って上がりますよね。

 

パーティードレスの場合は、

そこに「非日常の場である」が故の悩みが

プラスします。

 

私は個人的に、

素材同士の組み合わせが特に難しいと感じます。

 

ツルツルしていたり、光沢があったり、

ハリがあったり…

普段着なれない、見慣れない素材も

多かったりしますよね。

 

今回は、パーティードレスの

室内での上着について、

羽織るべきか否か?について

考えていきたいと思います。

羽織ものなしでスッキリ着たいパーティードレスとは?

パーティードレスの装いを

上着や羽織ものから考える人は

少ないのではないでしょうか。

 

大抵、パーティードレスを決めた後、

「あ、上着どうしよう?」

と考える事が多いと思います。

 

ただ、その時点で

手持ちのぴったり合うものって、

結構なかったりします。

 

特に、デザイン上どうしても

上着や羽織ものが合わないタイプの

パーティードレスは要注意です。

 

上着や羽織ものを合わせる事で、

パーティードレスの個性や

魅力を半減させてしまうことや、

ちぐはぐな印象を与えてしまう事もあるからです。

 

そういったパーティードレスは、

とにかく一枚で着て

素敵に見える事を前提に

作られている場合が多いので、

潔く一枚で着た方が素敵。

 

後はマナー的な部分も押さえたいところです。

 

素敵なデザインのパーティードレスだけど…

結婚式だから肩が出るのはどうだろう?

手持ちの羽織もので肩を隠した方がいいかな?

でも、一枚で着た方が素敵だし、

なんだか無理やり合わせた感が出るんだけど…

 

私も、そうやって悩んだパーティードレスが

いくつかありました。

 

色々悩んだ結果、

そうやって悩むパーティードレスは

いっそのこと袖なしでもOKな場に着るもの

と割り切るようにしました。

 

すると、マナー的にどうだろう?

という悩みも、

マナーはクリアしても

コーディネート的に微妙…という悩みも

スッキリしました。

 

特に、首や肩周りにデザインがあるものは、

上着を羽織るとミスマッチ。

 

ホルターネックやケープスリーブなど、

魅力的な部分が映えるよう

一枚でさらっと着こなすのが素敵です。

 

ホルターネックと

優雅なロング丈が大人っぽいパーティードレスは、

上半身をいかにスッキリさせるかが肝。

 

まさに一枚で素敵に着こなせる

パーティードレスです。

選べる8カラー!! 上品で華やかな佇まい♪ シフォン ロングドレス

羽織もの×すっきりシンプルパーティードレスは好相性!

それでは上着や羽織ものと

好相性なパーティードレスや

シーンとはどういうものか?というと、

上半身のデザインがすっきりとした

シンプルなタイプのパーティードレス

合わせやすいかと思います。

 

シンプルなデザインのパーティードレスであれば、

シフォン素材のケープやショール、

ショート丈のジャケットとも好相性ですし、

上着や羽織ものの分だけ

着回しがしやすいのは魅力的です。

 

また、一般的にアイテムが増えれば

それだけトップス+スカートなど

普段の装いに近い印象があり、

よりカジュアルな装いになると

言われておりますので、

式の格式によって

羽織ものの有無も判断した方が

良いかもしれません。

 

また、着席タイプのパーティーの場合、

上半身が人の目に映ります。

 

その時、上半身の羽織ものと

パーティードレスの上半身部分のデザインが

ごちゃごちゃしていると、

周りの人達も落ち着かないですし、

食事をする時にパーティードレスや

羽織もののデザインが

邪魔になる可能性もあります。

 

パーティードレスも胸元あたりまでは、

あまりデザインがないものの方が

上着や羽織ものとの相性が良いかもしれません。

 

シンプルで形の綺麗なブラックのワンピースは、

首&肩周りもすっきりしていて

羽織ものと好相性の一枚です。

 

一枚ですっきり着るのも素敵ですし、

シルバーやなどの

黒との色なじみの良い羽織ものを合わせて

コーディネートを楽しむ事もできます。

トレンド感満載☆オフショル2wayコンサバ系にもなるひざ丈ブラックワンピース

羽織もの×パーティードレス、色合わせや素材合わせも気にしよう

パーティードレスと

上着や羽織ものの組み合わせを考える際、

色合わせや素材合わせにも

気を遣う必要があります。

 

私は、キャミソールタイプの

パーティードレスに

普段着に着るようなカーディガンを合わせて、

赤っ恥をかいてしまったという

イタイ経験があります。

 

他の人を見ると、

普段着のような羽織ものを着ている人はおらず、

非日常の場にぴったりな

華やかな素材の羽織ものを着ていました。

 

パーティードレスは、

他のアイテムよりも素材感が映えるアイテム。

 

カジュアルな素材はミスマッチである

と実感しました。

 

素材感はパーティードレスと羽織ものと、

合わせる事をおススメします。

 

また、色味については、

フォーマル度は一色使いが一番格上

と言われています。

 

こちらも羽織るか否かという点と合わせて、

色味をどうするかも出席する場に合わせて

選ぶと安心です。

 

パーティードレスと異なる色の

羽織ものを選ぶ場合は、

色合わせも悩みどころですよね。

 

一般的には、

ホワイト・ベージュ等の淡い色か、

黒等の濃い色か、

どちらからか選ぶ事が多いのではないでしょうか。

 

ベージュ系の淡い色の羽織ものは、

ピンクやパステルカラー、赤、ブルーの

パーティードレスとも好相性で、

割と汎用性が高いように思えます。

 

ただ、小物に更に他の色をプラスすると

ごちゃごちゃした雰囲気になるので、

全体の色味に統一感を持たせた方が良いでしょう。

 

また、黒い羽織はコーディネートを

シックに仕上げたい場合におススメです。

 

ネイビーと合わせると

大人っぽく落ち着いた印象になります。

 

その場合、

小物はシルバーやシャンパンベージュなど、

軽やかなものをプラスした方が良いでしょう。

パーティードレスの室内での上着。羽織るべきか否か? まとめ

パーティードレスを決めた後に、

そもそも室内で上着などの羽織ものを

羽織るか、羽織らないかを悩む。

 

場合によっては、

新たにパーティードレスに合う羽織ものを

新調しなければならなくなったり、

大変です。

  1. 羽織らない事がおススメのパーティードレス
  2. 羽織ものと好相性なパーティードレス
  3. 羽織る場合には、色と素材を気にしよう

 

パーティードレスの特徴と

TPOに応じた羽織ものの装いが

できるようになれば、

安心してパーティーに参加ができ、

上着や羽織ものを新調する費用も

抑えられておトクです。

 

ついつい最後になりがちな

上着や羽織もの問題、

事前に解消してスッキリとした気分で

パーティーに参加しましょう。