30代の結婚式のパーティードレス、気にしたいポイントは?


学生時代の友人、会社でお世話になっている先輩、昔から仲良くしてきた従妹、苦楽を共にした同期や可愛い後輩…年を重ねるごとに結婚式でお祝いする相手も変わり、感慨深くなる事ってありますよね。
そして同時に、年を重ねる度にファッションに対して迷いが出てくる事も。
20代の時に着ていた服が似合わない、お気に入りの服を着られなくなった…。
そんな変化に気づきはじめるのも、30代に入った頃ではないでしょうか。

私も30代に入り、気力体力が落ちたかな~…というところからはじまり、最近あの服着てもなんか違和感あるんだよな~…というところを経由し、あれ?顔や体の輪郭が…前とちょっぴり違うかも?と、ファッションや体の変化に対して大いに悩んだ時期がありました。
特に、年に数回着るかどうかという結婚式のパーティードレスの場合、その変化を如実に感じます。
しかし、気になる部分に悩みはじめる一方、20代の時よりも「その人らしさ」やしっとりとした「大人っぽさ」のある装いを楽しめるようになるのも30代ならでは。
今回は、気になる部分をカバーしつつ、大人らしさを演出してくれる、30代の結婚式のパーティードレスのポイントをご紹介します。

女性ならではの華奢さを演出!袖デザイン

私が30代に入ってパーティードレスを着た時の一番の違和感は「二の腕」でした。
カジュアルなレストランウェディングに招待された際、ノースリーブのパーティードレスを着ていったのですが、その後送られてきた写真を見て愕然…!!
パーティードレスのデザイン自体は大人っぽく、落ち着いた雰囲気でとても気に入っていたのですが、それ以上に存在感を放っていたのが自分の「二の腕」でした。

今まで自分が頭の中で描いていた二の腕とは全然違うものが、その写真の中には映っていました。
「あれ?私の二の腕って、こんなに剛腕な感じだったっけ…」
翌日からダイエットに勤しんだのは言うまでもありません。

なかなか、自分の姿を全身で見る機会ってないですよね。
特に二の腕は、足と違って自分の目になかなか映らない部分
気にするべきポイントをしっかり押さえておくと、安心です。

デコルテから肩、腕、指先までにかけては、女性らしい華奢なラインがとても魅力的なパーツ。
その女性ならではの華奢さを演出できるようなデザインの袖を選ぶと良いでしょう。
しっかり肩周りまで出てしまうようなノースリーブのタイプよりも、少し肩が隠れるようなフレンチスリーブのタイプがおススメです。
シフォン素材であれば、更に軽さが出て素敵です。

フレンチスリーブのロングシフォンワンピース パーティやデートにおすすめ9,490円

落ち着きと安心感を演出するスカート丈


冬はさほど気にならないけど、夏になると気になるもの…の代表格である
20代の頃は膝上丈のボトムスを躊躇なく履いていましたが、30代に入ると、二の腕同様、ボトムスから出る足に対して違和感を感じるようになりました。
「なんか、夕方でもないのに足がむくんでいる気がする…膝頭の上、こんなお肉があったっけ…」と悲しくなる事も。

20代までは腕や足などの露出の多いファッションも、周囲にとってフレッシュで若々しく微笑ましいものとして感じられます。
ただ、年を重ねると「フレッシュさ」よりも重要になってくるのが「落ち着き」だと感じました。
人間関係も、自身に後輩や部下ができたり、取引先と直接やり取りする機会が増えたり、立場的に「落ち着き」や「安心感」を求められる事も増えていきます。
見た目も相手に対して「落ち着き」や「安心感」を与えたいもの。

特に足は、体の変化が出やすい部分であると同時に、マナー的にもフォーマル度が高い場では露出を少なくする事が必須です。
落ち着きのある年代へと変わっていく中、体の変化への対応、TPOへの対応の両面で、スカート丈は特に気にしたいポイントです。
膝頭がしっかり隠れるタイプであれば、どんな場面でも安心。

特にフレアタイプのデザインのパーティードレスを選べば、膝下部分もすっきり見えて素敵です。
さらにネイビーのパーティードレスであれば、大人の上品さも演出できておススメです。

ネイビーカラーの可愛いミモレ丈ドレス たっぷりビーズ刺繍7,580円

大人の魅力は「素材感」で勝負!

私が30代に入り、ファッションで特に楽しみになってきたのが「素材感」です。
20代の頃は、素材感よりもデザインの可愛さやトレンド感を重視してファッションを楽しんでいました。
しかし年齢を重ねると、そういったものは飽きがくるのも早いと感じるようになりました。
長く使えて、自分らしさを引き出してくれる…そんな視点で洋服を選ぶ時に、鍵となるのが「素材」そのものの良さや、素材自体が持つ雰囲気「素材感」です。

素材が良ければ長く使えるのはもちろん、肌映りも良く、より綺麗に見せてくれます。
更に、シンプルな色やデザインであっても、ツヤ感やハリ感などの素材感を通し、大人ならではの落ち着いた雰囲気や高級感を演出することができます。

特に非日常を演出するパーティードレスは、そういった「素材感」が特に目立ちやすいアイテム。
30代の落ち着いた装いに欠かせないポイントと言えるでしょう。
素材感の良いパーティードレスは、自分の良さを引き上げてくれて、「落ち着き」や「安心感」といった要素を更に演出してくれます。

30代の結婚式のパーティードレス、気にしたいポイント まとめ

30代になると、体の変化や立場の変化もあり、パーティードレスの気になるポイントも増えていくもの。
そんな時に気にしたいポイントは、

  1. 女性ならではの華奢さを演出する「袖デザイン」
  2. 落ち着きと安心感を演出する「スカート丈」
  3. 大人の魅力を引き出す「素材感」

20代の時のお気に入りが着られなくなった…それは年を重ねた変化の為、と言えますが、より落ち着いた、大人としての装いに新たにチャレンジできるチャンスとも言えます。
体の変化の上で気になるポイントと、大人らしさを演出する上で気にしたいポイントをしっかり押さえて、変化するからこその装いを存分に楽しみましょう♪